考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◆韓国市場は3無状態 アジア市場でもとりわけ韓国市場の衝撃は大きい。新興市場で資金を回収する外国人の売り攻勢に最も大きな打撃を受けているからだ。米国の経済専門通信社、ブルームバーグの分析によると、今年に入ってからアジアの新興市場での外国人投資家による売り越し額は、▲韓国28億9800万ドル(約3117億円)▲台湾5億100万ドル(約539億円)▲タイ6億4300万ドル(約692億円)―ほどだ。インドでは逆に4億6100万ドル(約496億円)の買い越しが続いている。JPモルガンのソ・ヨンホ専務は、「新政府の政策が外国人の資金を呼び戻すのに十分なものかどうかが重要なカギだ」と述べた。 サムスン証券のファン・グムダン研究委員は、「最近の韓国市場は“主導株”“主導勢力”“自信感”が欠如した“3無”状態となり、上昇の力が枯渇している。

お買い物は楽天で^^




さらに米国などの対外的な状況までが悪化し、五里霧中の状態だ」と述べた。昨年韓国市場を引っ張った中国関連株に続く新しい主導株がまだ見当たらない状況で、外国人による売り攻勢を吸収していた機関投資家の買いも徐々に弱まっている中、投資心理も大きく委縮しているということだ。◆押し目買いのチャンスという指摘も しかし心理的支持ラインと見られていたKOSPI指数が1800を割り込み、1700までも崩壊直前となると、逆に「そろそろ反転するのでは」という見方も出始めている。 未来アセット証券アナリストのアン・ソンヨン氏は「昨年後半以降の状況を見ると、指数が1800ラインを下回ると投資信託を中心とする機関投資家が積極的に買いに転じていた...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。