考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 NHKのドラマで朝ドラや大河ドラマ以外で注目したいのが「土曜ドラマ」(土曜21時)。
 通常のドラマが民放なら1クール10回程度、NHKなら半年ないしは1年と長丁場になるのに対し、「土曜ドラマ」は各タイトルとも3~6回と短く、その分、見逃されがちなのだが、佳作が多いことで知られる。
 もともと土曜の枠では75年から不定期に松本清張や平岩弓枝のシリーズを放送してきた。山田太一の「男たちの旅路」や向田邦子「阿修羅のごとく」、劇画シリーズ「寺島町奇譚」、「私が愛したウルトラセブン」などいまだに語り継がれる傑作が数多く生まれた。
 そして、06年1月から正式に「土曜ドラマ」としてスタート。

お買い物は楽天で^^




すぐに井上靖の「氷壁」、桐野夏生「魂萌え!」が放送され、中でも大きな話題になったのが1年前に6回放送された「ハゲタカ」だ。外資ファンドと日本企業の熾烈な闘いを描いたこのドラマでギャラクシー賞をはじめ、放送文化基金賞を取り、またアジア・テレビ賞、イタリア放送協会イタリア賞と海外でも高く評価された。
 19日からは「フルスイング」。主人公は落合博満やイチローを育てた高畠導宏。名コーチといわれながら、58歳で高校教師に転身してがんで亡くなった人物で、その晩年を追ったドラマだ。
 物語は球団をリストラされた“高林導宏”(高橋克実)が高校で教育実習を受けるところから始まる。指導教諭の天童(里見浩太朗)をはじめ、周囲の目は冷ややかで、実習もうまくいかない...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。