考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新情報・・・<米大統領>緊急経済対策 効果に疑問符、市場は冷ややか



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080119-00000044-mai-brf
 米政府が18日に発表した緊急経済対策は、米国の国内総生産(GDP)の1%にあたる総額1400億~1500億ドル(約15~16兆円)という大規模なものになった。ブッシュ政権は景気浮揚にかける強い意志を示したが、市場の反応は極めて冷ややかだった。景気減速の根本原因である低所得者向け高金利住宅ローン(サブプライムローン)問題の解決への道筋が、一向に示されないことにいら立ちを募らせているからだ。現状のままでは、大規模減税による景気刺激効果も、限られたものになりかねない。

 10年以上前、日本で見られた不良債権処理の先送りにも似た状況が、米国で再現されつつある。

お買い物は楽天で^^




市場からは、不良資産を抱えた金融機関への公的資金投入を求める声が日増しに高まっているが、ブッシュ大統領は昨年8月、いち早く「国民の税金は一切使わない」と宣言したため、「公的資金の必要性を認識しながら身動きが取れなくなっている」(米エコノミスト)という。

 それに加え、サブプライムローン債権の焦げ付きは証券化商品に組み込まれて、世界中の金融機関などにばらまかれた形になっている。公的資金を投入しようにも投入先を絞りきれない悩みもある。

 一部の大手金融機関は、新興国や産油国の政府系ファンドなどの力を借りて不良資産の売却や評価損計上を進めており、そのスピード感と処理の大胆さはかつての日本の金融機関とは比較にならない。ただ、それも、問題の全体像をつかみきれないままの処理では、底打ち感は出ない...

ニュースの続きを読む




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。