考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新ニュース:米景気後退の可能性は50%近く=米銀行協会



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080119-00000464-reu-bus_all
 [ワシントン 18日 ロイター] 米銀行協会(ABA)の経済諮問委員会は、2008年の米経済見通しを公表し、住宅市場の低迷が足かせとなってリセッション(景気後退)入りする確率が50%に近いとの見方を示した。
 国内総生産(GDP)の伸びは今年前半に1.25%前後まで減速し、後半には約2.25%まで回復すると予想した。

お買い物は楽天で^^





 同委員会委員長でもあるドイツ銀行証券チーフエコノミストのピーター・フーパー氏は「住宅価格の下落、エネルギー価格の上昇、金融市場のひっ迫が引き続き、米経済に重大な課題を投げかける」と指摘した。 
 同委員会は、米連邦準備理事会(FRB)が1月29―30日の連邦公開市場委員会(FOMC)でフェデラルファンド(FF)金利誘導目標水準の50ベーシスポイント(bp)引き下げを決定し、3・4月の会合でも25bpづつ利下げすると予想している。
 同委員会は9人の銀行エコノミストで構成されている。




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。