考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[みずほ]メリルリンチに1300億円出資 増資引き受け



 みずほコーポレート銀行(CB)は15日、米国の低所得者向け高金利住宅ローン(サブプライムローン)に絡んで巨額損失を出した米証券大手メリルリンチに普通株式への転換型優先株式の引き受けで12億ドル(約1300億円)を出資すると発表した。07年10~12月期決算でサブプライム関連の損失が拡大するのに併せ、メリルが月内に実施する総額66億ドル(約7100億円)の追加増資の一部をみずほCBが引き受ける。サブプライム問題の表面化以降、邦銀が欧米の大手金融機関に出資するのは初めて。 メリルは07年7~9月期決算でサブプライム関連証券の評価損として79億ドル(約8500億円)を計上。12月にはシンガポールの政府系投資ファンドなどから約62億ドル(約6700億円)の出資を受けていた。

お買い物は楽天で^^




しかし、17日に発表する同10~12月期決算ではさらに150億ドル規模の追加損失を計上する見通しとなり、新たな資本増強の必要に迫られていた。 発表によると、今回の増資の割当先はみずほCBのほか、韓国投資公社やクウェートの政府系ファンドなど。経営に関与しないことを条件に年9%の高配当を支払う。みずほCBの引き受ける優先株は普通株転換後も出資比率が数%にとどまる模様だ。みずほCB幹部は15日夜「出資を通じてメリルから海外での融資やM&A(合併・買収)の案件紹介が期待できる」と狙いを説明した。 邦銀が欧米の大手金融機関に資本参加するのは、86年に住友銀行(現三井住友銀行)が米証券大手、ゴールドマン・サックスに出資した例があるくらいで、バブル崩壊後は初めてとなる...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。