考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みずほCB 邦銀初、サウジ進出 現地法人を検討



 みずほコーポレート銀行(CB)がサウジアラビアの首都リヤドに現地法人を設立する方向で検討していることが17日、分かった。現地の金融当局の認可を得られれば、年内にも開設する。大手邦銀がサウジに進出するのは初めて。みずほCBの中東拠点はイラン、バーレーン、アラブ首長国連邦(UAE)に次いで4カ所目となる。

 サウジは中東最大の産油国だが、これまで巨額のオイルマネーの運用では他の中東諸国に比べ“穏健派”だった。しかし、資金規模9000億ドル(約96兆3000億円)に上る世界最大の国家ファンドの設立計画が浮上するなど運用を積極化する姿勢を示している。みずほCBでは盟主のサウジにいち早く進出することで、中東市場の開拓を加速させたい考えだ。

お買い物は楽天で^^






 みずほCBでは今後、金融当局への申請に向けた準備を進めていく方針。現地法人では、サウジの投資家の有価証券売買の仲介業務などを手掛けるとみられる。また、サウジに進出する日系企業の支援業務なども展開したい意向だ。

 みずほCBは昨年6月にUAEのドバイに出張所を開設。日系企業や現地企業向けの融資などを手掛け、イラン、バーレーンには駐在員事務所を設けており、中東での事業基盤の整備を急いでいる。

 サウジの原油輸出に伴う収入は年2000億ドル超に達しているもよう。原油価格の高騰でオイルマネーの拡張が続くなか、サウジでも対外証券投資が拡大している。最近では、同国の王族で世界的な投資家として知られるアルワリード王子が、サブプライム(高金利型)住宅ローンで巨額の損失を出した米金融大手のシティグループの増資の一部を個人で引き受けると伝えられ、大きな話題になった...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。