考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080116-00000183-mailo-l25
 ◇07年度比1.6%減、17年ぶり5000億円割る
 県は15日、来年度予算について、各部局の歳出見積要求額を発表した。一般会計総額は07年度当初比1・6%減の4991億円。県は先月、08~10年度の3年間で毎年140~160億円の事業費の削減目標などを掲げた財政構造改革プログラムの概要を公表したが、これを反映した“超緊縮型”で、今後、さらに査定で絞り込む方針。当初予算の一般会計の規模が5000億円を割るのは91年度以来、17年ぶり。

お買い物は楽天で^^





 種類別では、▽行政経費2501億円(07年度当初比4・7%減)▽給与費1744億円(同0・2%減)▽公債費746億円(同6・4%増)。部局別では、農政水産部が07年度当初比で75・8%にとどまるほか、総務、県民文化生活、琵琶湖環境の各部が同80%台に抑えている。
 一方で、政策調整部が県土地開発公社の公共用地先行取得への貸付金や、県立大工学部の施設整備関連などの増加で同125%。県警本部は庁舎整備費の増加で117・3%となった。
 他の増加項目は、▽後期高齢者医療制度関係費98億4800万円増(新規)▽「しが新事業創造ファンド支援事業」34億円増(同)など。減少項目は▽老人医療給付費県費負担金78億4500万円減▽補助公共事業費60億4300万円減など。【服部正法】

1月16日朝刊



投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。