考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新情報:プロ向けファンドの届け出、3869業者に



   金融庁は2008年1月7日、07年9月末に施行された金融商品取引法に基づいて届け出が必要とされていたプロの投資家向けファンドが、3869業者にのぼったことを明らかにした。
   金商法では、1人以上の適格機関投資家(銀行や保険会社など)、49人以下の一般投資家を募集対象とするファンドを「プロ向け」とし、情報開示などの規制を緩やかにする分、金融庁への届け出を義務づけていて、法の施行後3か月の猶予期間が設けられていた。

お買い物は楽天で^^




金融庁は「私募投信といわれるファンドがこれにあたります」とし、不動産ファンドの届け出が多かった。
   一方、一般投資家などから広く資金を集めるファンドは登録制となっており、これまでに登録が済んだファンドは2社。登録の猶予期間は今年3月末で、現在約80社が審査中にある。 ■J-CASTニュースとは?従来のマスコミとは違うユニークな視点で、ビジネスやメディアに関するさまざまな記事を発信しています。読者投稿のコメント欄も充実!
国内最大級の新商品サイト「モノウォッチ」も開設!

(引用 livedoorニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。