考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
独歩安の日本株、日経リンク債に絡む思惑くすぶる



 [東京 11日 ロイター] 株式市場は先物主導で軟調な動きを続けているが、その要因として日経リンク債のノックインに絡む思惑がまたぞろ浮上している。私募も含めたリンク債の実態には不透明な部分も多く、市場のかく乱要因になっているとの見方が出ている。
 東京株式市場では11日後場、日経平均が第1のノックイン価格として意識されていた1万4231円にタッチ。その後下げ幅が急拡大している。
 <先物にノックインを狙った売り仕掛けも>
 個人向けには「リスク限定型ファンド」などとして販売されることも多い通称「日経リンク債」とは、海外政府系金融機関の債券などに日経平均プットオプションの「売り」を抱き合わせた「仕組み債」と呼ばれる金融商品のひとつ。

お買い物は楽天で^^




オプションの「売り」によって得られるクーポンが高利回りの原資となる。
 投資家の人気を集めているノックイン条項型の日経リンク債の場合、当初に定められた期間中に決められた「ノックイン価格(バリア)」に1度もタッチしなければ、投資家は高い利回りを得られるが、バリアにタッチすると償還額は日経平均株価に連動することになる。株価が上昇基調にある時や、変動が少ないときは問題ないが、相場が急落すると状況は一変する。「株安に乗じてノックインを狙った売り仕掛けが先物に出ている可能性もある」(ユニマット山丸証券法人営業部マネージャーの藤井勝行氏)という。
 <デルタヘッジの先物買いが波乱の種に>
 ノックインを狙った売りとは何か...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。