考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新ニュース:ローンスター会長が入国、検察が近く取り調べ方針



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080110-00000005-yonh-kr
【ソウル10日聯合】米国系ファンドのローンスターによる、外換銀行の廉価売却・外換カードの株価操作事件に関連し、同社のグレイケン会長が9日夜11時30分ごろ、仁川空港に到着した。検察は両事件に関し、グレイケン会長を近く、被告発人として調べる方針だ。ローンスター側の非協力で未解決状態となっている事件の捜査に進展がもたらされるか注目される。
 グレイケン会長は11日午前にソウル中央地裁で、外換カード株価操作事件の被告人であるローンスターコリアの柳会源(ユ・フェウォン)代表の1審公判に証人として出席し、虚偽の減資説を流した疑いなどについて陳述する予定だ。

お買い物は楽天で^^






 空港に到着したグレイケン会長は、取材陣の質問に備え30分ほど時間を取ってから10日零時に到着ロビーに姿を現すと、「韓国に自発的に来たという点に意味を与えてほしい。裁判過程の誤った部分を正したい」と述べた。検察が出国禁止措置を取る可能性を問う質問には、現時点で話すことは望ましくなく、裁判が終わってから説明すると述べた。自身の立場を簡略に明らかにしただけで、記者から浴びせられる質問は後に、足早に空港を立ち去った。

 一方、大検察庁(最高検に相当)中央捜査部関係者は、「グレイケン会長に対する調査は不可欠で、会長が裁判に証人として出席した後、検察に出向き調べを受けるよう、弁護人側と協議をした」と明らかにした。確認すべき事実関係が多く複雑で、相当な時間がかかると予想しながらも、グローバルスタンダードと国内法規に十分に合わせ捜査を進める予定だとしている...

ニュースの続きを読む




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。