考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新情報・・・ロイター調査:米プライマリーディーラー、19社中8社が0.5%の利下げ予想



 [ニューヨーク 9日 ロイター] 最近の弱い米経済指標を受け、連邦準備理事会(FRB)は29─30日に開く連邦公開市場委員会(FOMC)で0.50%ポイントの利下げに踏み切るとの予想が増えている。
 ロイターがプライマリーディーラー20社を対象にした調査によると、0.50%ポイントの利下げを予想しているのは8社となった。前回7日の調査時は7社、12月11日時点では1社だけだった。
 バンク・オブ・アメリカ、BNPパリバ、ゴールドマン・サックスは、緩和局面終了時のフェデラルファンド(FF)金利予想を引き下げた。

お買い物は楽天で^^




バンク・オブ・アメリカは3.50%と予想、BNPパリバとゴールドマンは2.50%と予想している。
 4日に発表された12月の雇用統計で、非農業部門雇用者の増加数は予想を大きく下回ったほか、失業率は5%に悪化した。米供給管理協会(ISM)が2日発表した12月の製造業部門景気指数もほぼ5年ぶりの低水準に低下するなど、エコノミストの間でリセッション懸念が強まっている。
 調査では回答した19社(モルガン・スタンレーは未回答)のうち、全社が30日の利下げを予想している。8社が0.50%ポイント、11社が0.25%ポイントの利下げを予想している。

(引用 yahooニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。