考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新情報:途上国の政府系ファンドを差別すべきでない=中国外為管理局副局長



 [北京 7日 ロイター] 中国国家外為管理局の魏本華副局長は、7日付のチャイナ・ビジネス・ニュース紙に寄稿し、先進国は途上国の政府系ファンド(ソブリン・ウエルス・ファンド)を差別すべきでなく、また保護主義的な風潮を防ぐ必要があるとの見解を示した。
 同副局長は、政府系ファンドが世界にとっての主要な流動性供給源になっており、現在続いている信用ひっ迫の緩和に寄与し得ると指摘。

お買い物は楽天で^^




さらに、長期的投資戦略によって市場の変動をならす一助になると述べた。
 新たに設立された中国投資有限責任公司については「世界的な注目を集めており、一部の国は中国脅威論を意図的に広めている」と指摘。「国際社会は、投資および金融セクターで、さまざまな形の保護主義的傾向に立ち向かう明確な姿勢をとるべきだ」と訴えた。

(引用 yahooニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。