考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【オーストラリア】NAB、ローン金利引き上げの先導役に



 国内2位のナショナル・オーストラリア銀(NAB)は4日、住宅ローンの基準変動金利を0.12%上昇させて8.69%に変更した。利上げに連動しない形で、主要行が金利を引き上げるのは約10年ぶり。米サブプライム問題からの打撃を吸収し切れなくなり、他行に先駆けて決断した格好だ。同様の発表を行ったオーストラリア・ニュージーランド(ANZ)銀をはじめ、ほかの金融機関も追随する構えを見せている。地元各紙が伝えた。

 NABはきょう、事業ローンの利率も0.15%引き上げる。子会社ホームサイドからの融資の場合、金利の上がり幅は0.12%だという。
 
 主要行のコストは昨年7月以降、約5倍に膨れ上がっており、今回の決定は利益を確保するために顧客からの反発を覚悟の上で下したもよう。

お買い物は楽天で^^




NABのファアワ最高経営責任者(CEO)は金利引き上げを公表した3日、世界の金融市場に回復の兆しが見られず、今後の見通しも立てることは難しいと述べていた。
 
 NABの広報担当者は、損失分をすべて取り戻せるわけではないと説明。「顧客だけでなく、個人投資家や退職年金ファンドが含まれる株主に対する責任もあるため、事業上の決定を行わなければならなかった」と弁解した。
 
 豪連邦準備銀(RBA)は来月5日、今年初めての定例委員会を開催する。市場では、政策金利を0.25%引き上げて7%にするとの見方が広がっていた。
 
 NABの変動金利住宅ローンで20万豪ドルを借り入れている人は、毎月ほぼ20豪ドルの負担増になる...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。