考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米FRBの金融緩和、インフレリスクが阻む可能性=WSJ



 [ニューヨーク 4日 ロイター] 米ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙は4日、信用収縮や景気減速で投資家は米連邦準備理事会(FRB)が積極的な利下げを行うと予想しているが、インフレ懸念が金融緩和の障害になる可能性がある、と伝えた。
 WSJのFRB番記者グレッグ・イップ氏は記事の中で「FRBは、インフレリスクが、米景気が低迷した2001年よりも、またウォールストリートや多くのエコノミストが考えているよりも大きいと考えている。

お買い物は楽天で^^




それは、現在4.25%のフェデラル・ファンド(FF)金利の誘導目標が年末までに3%に下がるという先物市場の予想ほど下がらない、あるいは予想より早く緩和政策の転換が起こる可能性があることを意味する」と指摘している。
 次の米連邦公開市場委員会(FOMC)は1月末に開かれる。

(引用 yahooニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。