考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新情報:第12回 スターリングエンジンの開発現場に潜入! 其の参



応接室の隣にある実験場では、スターリングエンジンの試作機3台が1列に並べられていた。そしてその上部には、排気ガスが通る配管がセットされている(3台並んでいるのは、巨大なものを1台設置するより、より効率的にエネルギーを回収できるためだ)。1列に並んだ3台の試作機。左から2号機、3号機、1号機の順番。真ん中が一番新しい。そして配管の中を上からのぞくと、熱を効率よく吸収するため、いそぎんちゃくのようになっているエンジン上部のヒーターが3つ並んでいた。上から眺めるとこんな感じ。イソギンチャクのようなエンジンの頭頂部が3つ配管上に飛び出ていて、ここから排ガスの熱を吸収する最新の3号機では、400度の排ガスで540W前後の蓄電が可能だという。

お買い物は楽天で^^




さらに同性能のエンジン3台を連動させることで、1.3kWの電力を回収できるところまで実験はきているそうだ。最終目標は、2kWで2日間蓄電し、10kWの電力を10時間接岸時に利用するというものなので、目標達成まであと少しといったところだろうか。現在は、制御回路の関連機器を製作し、船上実験のための最終調整をしている段階だそうだ。このスターリングエンジン、来年からは、松下グループの工場廃熱を使っての耐久実験も予定されている。工場には多様な廃熱があるので、近い将来スターリングエンジンが利用される可能性も多いにあるという。ちなみに、世の中における廃熱の温度は、100度から200度程度のものが一番多い。しかし、温度が小さくなると、エネルギー効率が低下するために当然ながら商品化が厳しくなる...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。