考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新情報:G7を2月9日に東京で開催、サブプライム問題など議論=財務相



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071228-00000631-reu-bus_all
 [東京 28日 ロイター] 額賀福志郎財務相は28日、閣議後の会見で、次回G7を2月9日に東京で開催すると発表し、テーマについてサブプライムローン(信用度の低い借り手向け住宅ローン)問題を中心とした金融市場の動向や原油高、世界経済について議論を行うとの見通しを語った。
 また、G7では、世界経済の拡大基調を確認しながら、不安定要素にどう対応するかが大切だとの認識を示した。
 額賀財務相によると、次回の東京G7では、サブプライム問題を中心とした金融市場動向、原油価格上昇、世界経済におけるさまざまな指標などについて議論が展開されるとの見通しを示した上で、「ヘッジ・ファンドやサブプライム問題について金融安定化委員会に中間報告を求めており、金融機関の危機管理や格付けの問題などについて一定の報告があり、議論される」と語った。

お買い物は楽天で^^





 その上で、G7では「世界経済の拡大基調を確認しながら、不安定な要素について、どう対応・調整するかが大事だ」と指摘した。
 額賀財務相によると、東京G7では、アウトリーチ会合にG7以外の国の参加を呼びかける方針だが、対象国やテーマについては調整中という。
 また、国内景気の減速感が指摘されていることについて額賀財務相は「(政府)経済見通しを下方修正したのは、住宅着工件数の大幅減や原油高の影響、サブプライム問題による将来への不確定さなどがある」としながら、「来年度予算を早く成立させ、執行し、的確に経済政策を行うことで薄曇を払しょくし、晴れの状態を取り戻すことが来年の課題だ」と強調...

ニュースの続きを読む




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。