考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新情報・・・米バンカメなど12の金融機関、先物取引所新設を計画



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071224-00000980-reu-bus_all
 [ニューヨーク 21日 ロイター] バンク・オブ・アメリカ<BAC.N>、JPモルガン<JPM.N>、メリルリンチ<MER.N>、シカゴのヘッジファンド会社シタデル・インベストメント・グループなど12の金融機関が先物取引所新設を計画している。広報担当が発表した。
 計画にはほかに、クレディ・スイス<CS.N>、バークレイズ<BARC.L>傘下のバークレイズ・キャピタル、シティグループ<C.N>、ドイツ銀行<DBKGn.DE>、eスピード<ESPD.O>、GETCO、PEAK6、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド<RBS.L>も参加するという。

お買い物は楽天で^^





 広報担当は、この取引所がCMEグループ<CME.N>が運営するシカゴ・マーカンタイル取引所と競合するのかについては言及を控えた。
 CMEは世界最大の先物取引所で、CBOTホールディングス買収後、米先物・先物オプションの取引高の85%超を取り扱っている。
 広報担当によると、新取引所は来年早期に第1弾として米国債先物の取引を開始する。暫定の最高経営責任者(CEO)にはeスピードのポール・サルツマン最高執行責任者(COO)が就任する。




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。