考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新ニュース:日立、HDD事業を来年早々にも売却か





日本経済新聞社の報道によると、日立が不振が続くHDD事業を売却する方針を固めたそうです。売却先は来年1月にも決定するとのこと。

以前も同様の報道がありましたが、やはりHDD事業を売却するという動きはあるのでしょうか。

詳細は以下から。
日立、HDD事業を米ファンドに売却へ・子会社株50%弱

この記事によると、日立製作所は不振が続くHDD事業に投資ファンドの資本を受け入れ、再建に乗り出す方針を固めたそうです。

アメリカの投資ファンド「シルバーレイク」に優先交渉権を与え、全額出資する事業子会社の株式の5割弱を売却するとのことで、来年1月中の合意を目指す方向で最終調整しているとのこと。

お買い物は楽天で^^






ちなみに日立のHDD事業は約2500億円で買収した米IBMのHDD事業が母体となっており、2006年の販売シェアは約16%。これはMaxtorやWestern Digitalなどの大手2社に次ぐ世界3位のシェアとなっています。

・関連記事
内蔵用HDDの価格続落、500GBモデルが1万円を割ることも - GIGAZINE

東京大学、「光の粒」を使ってHDDの容量を5倍以上にする技術を開発 - GIGAZINE

お値段なんと39万円、昔のハードディスクはこんなにも高かった - GIGAZINE

日立が家庭用パソコン生産・開発から全面撤退 - GIGAZINE

日立、HDDの記録密度を2.5~5倍まで引き上げる技術を開発 - GIGAZINE

まもなくIDE接続のHDDが市場から姿を消すことに - GIGAZINE

記事全文へ

(引用 livedoorニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。