考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08年為替見通し:サブプライムの見方二分、13年ぶりドル100円割れも



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071223-00000743-reu-bus_all
 [東京 21日 ロイター] 外為市場関係者の2008年の相場見通しは大きく割れている。サブプライムモーゲージ(信用度の低い借り手向け住宅融資)問題の米実体経済への影響に対する見方の違いが背景にある。
 米連邦準備理事会(FRB)の金融緩和スタンスが強まることで、日米金利差の縮小の観点からドル/円は13年ぶりに100円を割り込む可能性が指摘されてる。その一方で、ドルは100円を割り込まずに反転し、年後半にかけて緩やかに上昇するとの見方もある。 
 <日米金利差縮小で13年ぶりのドル90円時代>
 FRBの金融緩和スタンスが当面続くとの見方はほぼ一致している。

お買い物は楽天で^^




しかし、利下げ継続姿勢の強さをどうみるかで相場見通しが変わってくる。みずほコーポレート銀行・国際為替部シニアマーケットエコノミストの福井真樹氏は「FRBは年央までに複数回の利下げを実施し、米政策金利は3%台半ばまで低下する」とみている。これに対し、ドイツ証券のシニア為替ストラテジスト、深谷幸司氏は「サブプライム問題の解決の枠組みが固まってくれば利下げをさらに続けるという環境にはない。長い目で見れば再び利上げの方向に戻る」と意見が分かれる。
 みずほコーポの福井氏は、米景気減速と米国の複数回の利下げなどを通じ、ドルは瞬間的に95円まで下落する展開を予想、1995年以来13年ぶりに100円台を割り込むような円高を見込む。そのうえで「様々な側面で金融不安心理の強い状況が残る」と強調する...

ニュースの続きを読む




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。