考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米SEC、モーゲージ債の評価をめぐり大手金融機関を調査=WSJ



 [ニューヨーク 21日 ロイター] 米証券取引委員会(SEC)は、大手金融機関によるモーゲージ債の価格評価や投資家に対する情報開示をめぐり調査を開始した。21日付の米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)紙が関係筋の情報として伝えた。
 これまでに報じられたメリルリンチ<MER.N>やベアー・スターンズ<BSC.N>に加え、UBS<UBSN.VX>やモルガン・スタンレー<MS.N>も対象としている。SECは作業グループを設立。調査は約30件に及び、初期段階という。

お買い物は楽天で^^





 また、金融機関が、自社で保有する証券を投資家に販売したものよりも高く評価した可能性についても調査している。
 SECはこれまでに、UBS傘下のディロン・リードが運営していたヘッジファンドのトレーダーやロイヤル・バンク・オブ・カナダ(RBC)<RY.TO>のトレーダーと接触した。RBCのトレーダーがこれまで同紙に語ったところによれば、RBCは政府機関債や社債の評価で不正な会計を行った。
 SECはこのほか、大手金融機関がモーゲージ債を保有する傘下の投資会社を、より早い時期に本体のバランスシートに組み込む必要があったかについても調査しているという。
 UBS、SEC、RBC関係者のコメントは得られていない。

(引用 yahooニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。