考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新ニュース:WSJ-モルガン・スタンレー、中国政府系ファンドが50億ドル出資



ニューヨーク(ウォール・ストリート・ジャーナル)中国の政府系投資会社である中国投資有限責任公司(CIC)が19日、米モルガン・スタンレー(NYSE:MS)に50億ドルを出資することで合意し、世界の取引で傍観者だった中国が舞台の中央に躍り出た。これまでには、中東やシンガポールの政府系ファンドが米金融大手の救済に乗り出している。

CICは今回の出資により、モルガン株を最大9.9%保有することになる。この発表と同じ日、モルガンは9-11月期(2007年11月期の第4四半期)に米サブプライムローン(信用度の低い借り手への住宅融資)などに関連して94億ドルの評価損を計上したと明らかにした。

お買い物は楽天で^^






ジョン・マック会長兼最高経営責任者(CEO)は、評価損計上額について「極めて期待はずれ」と述べた。

モルガンの同四半期決算は、継続事業ベースの純損益が35億9000万ドルの赤字(前年同期は19億8000万ドルの黒字)、1株損益は3.61ドルの赤字(同1.87ドルの黒字)。

純収入(総収入から利払い分などを差し引いたもの)はマイナス4億5000万ドルと、負の値になるまれなケースとなった。前年同期は78億5000万ドルだった。

中国は長い間、世界各地からの投資先として最も注目されていたが、今年は中国からの対外投資が対中投資総額を初めて追い抜き、CICによるモルガンへの出資で締めくくることになった。トムソン・ファイナンシャルによると、今年の中国からの対外投資総額は292億ドル、中国への投資総額は215億ドル...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。