考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FRBはインフレを注視しなければならない=米地区連銀総裁



 [ダラス 18日 ロイター] フィッシャー米ダラス地区連銀総裁は18日、クレジット市場の調整は米経済成長を鈍化させているものの、成長の失速にはつながらない、との見解を示すとともに、米連邦準備理事会(FRB)はインフレをめぐるいかなるリスクもとるべきではない、との認識を示した。
 フィッシャー総裁はロイターとのインタビューで「われわれがとった措置は来年を通してある程度景気の支援となる。ただ、われわれは過剰反応せず、今後さらなる問題をつくらないことを確実にしたい」と語った。

お買い物は楽天で^^





 また、利下げなどの措置により、経済成長は来年措置をとらなかった場合の水準から押し上げられる、と指摘。「ただ、インフレ圧力がある程度増しているという事実に留意しており、残り火をかきまわさないよう注意しなければならない」と語った。
 フィッシャー総裁は、金融政策の効果が出るまでに時間がかかると強調。「だからこそFRBは自らの行動について長期的な視点で慎重に検討していかなければならない」とした。「フェデラルファンド(FF)金利は当座の問題解決を目的とした手段ではないと思う」とも述べた。
 前週明らかになった米欧主要中銀による流動性供給策については、時期尚早として論評を控えた。

(引用 yahooニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。