考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【ソウル17日聯合】英国系銀行のHSBCが17日、ソウル市内に居住する中学生200人を対象に個別面接方式で財テク認識を調査した結果を明らかにした。それによると、韓国の中学生の月平均小遣いは3万9300ウォン(約4760円)と集計された。

 回答者の75.5%が「自分は将来金持ちになる」と考えており、比較的富裕層の家庭が多い江南地域居住者では、その回答率が92%に及んだ。資産管理または財テクについて知っていると答えた回答者は41%で、認知経路はテレビやラジオ番組が89%、両親が34.1%だった。しかし、次の小遣いをもらう前にすべてを使い切ってしまったことがあるとの回答は66%に達しており、財テクについて認識はあっても、実生活に適用はできていない様子がうかがえた。

お買い物は楽天で^^






 また、貯蓄をほとんどしていないか、まったくしていないという回答者は51.5%に達したほか、貯蓄をしているという回答者でも、貯蓄頻度は「2か月に1度」が29.5%で最も多く、相当数の生徒が、規則的な貯蓄をしていないことがわかった。

 一方、「財テクを学びたい」という回答者は59.5%に上り、特に江南より江北に居住する生徒に、より高い財テクに対する関心がみられた。

会社員の‘財テク’に変化、貯蓄からファンドへ
会社員の‘財テク’方法、預金・ファンド・CMAの順
芸能人や大物スポーツ選手の財テクは“賃貸ビル”
会社員の半数以上が財テク、経済的余裕のため

(引用 yahooニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。