考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Marty Jeromeトヨタ自動車は、これまでの成功を乱したくないと考え、米Chrysler社は新しいアイデアに果敢に挑戦すべきだと考えている――このことは理にかなっている。両社のそれぞれの売上と市場シェアを見れば明白だ。だが、両社が変革に取り組む姿勢には、文化的な違いや、国民性の違いさえ反映されている。『BusinessWeek』誌の記事によると、トヨタは、毛沢東が起こした文化大革命の小型版のような取り組みを始めたという。管理職を製造ラインに戻し、さまざまな再教育プログラムを開始し、引退した幹部を呼び戻して新しい従業員の指導に当たらせているというのだ。こういった取り組みの理由? トヨタのDNAが失われるのを恐れているからだ。

お買い物は楽天で^^




上の世代の管理職がいっせいに退職の時期を迎えようとしている。世界企業となったため、同社はこの3年間に4万人の新しい従業員を雇っており、その多くが(何と!)外国人なのだ。彼らは、倹約、規律、絶え間ない進歩といった理念を教え込まれてはいない。一方、Chrysler社はといえば、投資ファンド米Cerberus Capital Management社傘下で株式非公開企業となったことによって経営における秘密主義が強まり、外部から見えにくくなっている。だが、状況は死に物狂いの取り組みということは間違いない。同社の幹部らは、古いタイプの管理職の首を切り、他の自動車会社のトップ頭脳を引き抜いている。また、Cerberus社による新経営陣は、従業員とにこやかに労働契約を結んでから数日と経たないうちに、1万2000人の従業員削減を発表した...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。