考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【PJ 2007年12月06日】- (34)からのつづき。大学が自らの研究成果について確実に実用化を図り、イノベーションを促進していく観点から、大学が「大学発ベンチャーへの出資」、「大学発ベンチャーに資金供給を行うことを目的としたファンド等への出資」を希望する声もあるが、その是非についてはさまざまな意見があるところ、今後さらに検討していくことが必要であろう。国立大学が大学発ベンチャーへ出資することの是非について、本研究会で挙げられた意見は以下の通り。

【賛成論】
)大学によるイノベーションの促進という観点から、当該大学に死蔵しかねない技術シーズの実用化を図る当該大学発ベンチャーを支援するための出資を認めてもよいのではないか。

お買い物は楽天で^^






)大学が大学発ベンチャーに「公認」を行ううえで、その「公認」の具体的な方法のーつとして、大学の出資を認めてもよいのではないか。

)大学発ベンチャーに出資を行うファンドに対し大学が出資を行うことについては、大学発ベンチャーや大学からの要望も多く、こうした要望の具現化にあたって、国立大学法人法の規制が存在している状況の見直しを検討することも必要ではないか。

【慎重論】
)大学の本来の役割は教育と研究であり、出資のようなビジネスは大学の領域外ではないか。

)大学が出資を行うことにより、大学の経営を圧迫し、大学の本来の役割である教育や研究に影響が出ないか。

)大学には出資のような資金支援を適格に行いうる機能は不足しているのではないか...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。