考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 11月26日に米金融大手シティグループが、アラブのアブダビ投資庁から、75億ドル(約8100億円)の融資を受けると発表してから、アブダビに関連するニュースが、投資市場を賑わせている。

1社に対し8,000億円超の投資を行うアブダビ投資庁
 アブダビに関連するニュースが、ここ最近投資市場を賑わせている。というのも11月26日、米金融大手シティグループが、アラブのアブダビ投資庁から、75億ドル(約8100億円)の融資を受けると発表したからだ。これを受け、低迷を続けていた米市場は息を吹き返し、NYダウは2日間で500ドル以上と大幅な上昇。これは日本市場にも波及し、11月29日、日経平均株価は前日比359円96銭高の1万5513円で終了している。

お買い物は楽天で^^




これに伴い、11月下旬に入り108円台で推移していたドル円も29日には一時110円台まで回復。底を打ったように見られ、胸をなでおろした投資家も多いのではなかろうか。

 しかしながら、ポーン(?)と8000億円もの融資をする、アブダビ投資庁とはいったいどんな存在なのか? 一言で言うとそれは「アブダビが運営する、政府系のファンド」 ということになる。

 そもそも、アラブにはこういった政府系のファンドが多数あり、積極的に外資に投資をしているという。原油価格は1バレル100ドル近くと高騰気味。だぶついたオイルマネーが世界を駆け巡っているという構造だ。

 今回の融資劇、サブプライムローンに疲弊した米経済の信用不安を払拭する材料として好感されているのは事実...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。