考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新ニュース:<プレスリリース>伊藤忠商事、米Convergence CT社と資本・業務提携



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071207-00000004-maibz-ind
 伊藤忠商事及び伊藤忠の医療関連子会社であるヘルスケアーテック(本社:東京都府中市)は、米国Convergence CT, Inc.(本社:ハワイ州ホノルル、以下「Convergence CT」)と業務提携し、同社の病院向け診療データ分析システムを日本国内で販売することを決定致しました。また伊藤忠はConvergence CTへの出資(約2百万USドル)も実行致しました。

◎Convergence CTの診療データ分析システム概要

 これまで病院内の複数のITシステム(医事会計、電子カルテ、各部門システム等)に分散していた検査、処方、医事会計などのデータを自動的に抽出し、患者ごとに整理された情報として一元管理することにより、病院の経営分析、診療分析など広範囲なニーズに則した分析及びレポート作成を行うためのシステムです。

お買い物は楽天で^^




例えば、下記のような分析が出来ます。

▼経営管理指標のベンチマーク比較分析

▼生活習慣病における検査結果の長期的な推移分析

▼処方した医薬品と検査結果の関係分析

 定額制診療報酬制度(DPC)を採用する病院が増加する中、コスト管理を行うと同時に診療内容の共有による標準化も重要となっており、本システムの導入により病院内のあらゆるITシステムよりデータが得られるため、より幅広い分析が可能となります。

 また、このシステムは分析にあたりデータを完全匿名化・暗号化する高度な技術により、個人情報保護やセキュリティ面で高い信頼性を確保しています(米国個人医療情報保護法に準拠)...

ニュースの続きを読む




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。