考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
外為特会は為替安定が目的、政府系ファンドになじまない=財務相



 [東京 7日 ロイター] 額賀福志郎財務相は7日午前の閣議後会見で、外国為替資金特別会計の運用多様化などについて、外為特会の目的は為替市場の安定確保にあり、政府系ファンドを作ってリスクを背負うことはなじまないとの認識を示した。
 また、7日朝発表された7─9月期実質国内総生産(GDP)の2次速報値が1次速報から下方修正されたことに関して、外需に依存し、内需が停滞しているとの印象としながらも、基本的に景気の回復基調は変わっていないと語った。
額賀財務相は6日、財政融資資金特別会計の金利変動準備金を取り崩し、財政再建に活用することを検討するよう省内に指示したことを明らかにしたが、自民党内では、外為特会を含めた特別会計の積立金などを「霞が関埋蔵金伝説」として指摘し、財政再建などの財源に使うべきとの声がある。

お買い物は楽天で^^





 外為特会の活用について額賀財務相は「外為特会の本来の目的は、為替市場の安定をどう確保するかであり、そのために準備金を用意している」とし、「そうした中で、運用を最大限良くして利益を生み出していくことも心がけている」と語った。
 外為特会をめぐっては、自民党議員が東京市場の国際競争力強化のため、日本に政府系ファンド(ソブリン・ウェルス・ファンド=SWF)を創設することを求めているが、額賀財務相は「外為特会は為替安定のため、流動性や安定性が基本。政府系ファンドをつくり、リスクを背負って運用していくことにはなじまない」と外貨準備を活用した政府系ファンドの設立の動きをけん制した...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。