考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<サッポロHD>買収防衛策の発動検討へ



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071206-00000124-mai-bus_all
 米系投資ファンドのスティール・パートナーズから買収提案を受けているサッポロホールディングスは6日、買収防衛策の発動の是非を検討する来年3月5日まで90日間の「評価期間」に入ることを決めた。スティールはブルドックソースの買収失敗の教訓から、サッポロ買収後の「経営計画」の土台となる「企業価値向上策」を提出しており、向上策に対するサッポロの評価が防衛策発動のカギとなりそうだ。

 スティールはこの日、買収目的などに関する質問に対する最終回答をサッポロに提出した。スティールが買収を提案した今年2月から複数回にわたりやりとりを重ね、サッポロは「評価期間に入るための必要な情報がそろった」と判断した。

お買い物は楽天で^^






 サッポロは今後、外部有識者でつくる特別委員会の助言を得ながら、スティールの提案を評価する。買収が企業価値を損なうものと判断すれば、防衛策を発動する。

 スティールは今年5月からのブルドックとの買収攻防で、ブルドックの防衛策発動の差し止めを求めて法廷闘争に持ち込んだが、敗北した。裁判所がスティールの主張を退ける根拠の一つになったのが、スティールが買収後の経営計画を示していなかったことだ。

 このため、サッポロに対しては11月8日に企業価値向上策を提出。高級ビールの「エビス」を中心としたブランド戦略に転換し、ビール事業を絞り込むこと提案しており、「サッポロ」ブランドを捨てることも示唆する内容が盛り込まれている...

ニュースの続きを読む




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。