考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新情報:WSJ-ブラノス氏、凍結したヘッジファンドの再開目指す可能性



ニューヨーク(ウォール・ストリート・ジャーナル)マイケル・ブラノス氏は今年、大型ヘッジファンドのひとつの運用で失策を演じた。今、もう一度機会を与えるよう投資家に求めるのかもしれない。

ブラノス氏は、ウォール街で最もよく知られたモーゲージ債トレーダーだ。しかし、サブプライムローン(信用度の低い借り手への住宅融資)問題の影響の大きさは、同氏にとっても予想外だった。事情に詳しい筋によると、同氏の運用するエリントン・クレジット・ファンドは10月までに22%下落、その資産は約12億ドルに目減りした。平均的なヘッジファンドの今年の運用成績は約10%のプラスとなっている。エリントンの11月のリターンはまだ固まっていない。

お買い物は楽天で^^






運用成績があまりにも悪化したため、ブラノス氏率いる55億ドル規模のエリントン・キャピタル・マネジメントは、同ファンドについて投資家の解約および投資に応じるのを停止した。同社が10月1日に述べたところによると、市場の大部分で取引が欠如しているため、一部の資産についてウォール街のトレーダーから提示されている価格は信用できなくなっているという。別のより小規模の債券ファンドも凍結された。

こうした状態を抜け出すため、エリントンは、全体の10%強を占める、流動性が欠如している資産をいわゆる”サイドポケット”口座に入れることを検討している。こうした動きについて説明を受けた投資家が明らかにした。サイドポケット口座は、評価が難しい資産を保有するのに使われる...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。