考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 『バットマン・ビギンズ』のバットマン役でノリにノッているクリスチャン・ベイルが、2009年夏に“再起動”される『ターミネーター』シリーズ4作目の“Terminator Salvation: The Future Begins”でジョン・コナー役を演じる契約を結びつつある。

クリスチャン・ベイルの写真

 『ターミネーター』シリーズ4作目は未来が舞台。ベイルが演じるのは30代のコナーとなる。これまでコナー役は、エドワード・ファーロング(少年時代のコナー)とニック・スタールによってそれぞれ演じられてきた。ベイルがこのプロジェクトに参加することになるという噂は何週間も前からあったが、彼の役については情報が錯綜していた。

お買い物は楽天で^^






 監督は『チャーリーズ・エンジェル』シリーズのマックGで、撮影は来年4月にブダペストで開始される予定。

 北米の配給権は、10月に米ワーナー・ブラザースが取得。外国の配給権はまだ決まっていないが、ソニーに最優先権が与えられている。日本は2作目と3作目を配給した東宝東和が配給する見込み。プライベート・ファンドの製作会社ハルシオンは、元インターメディア社長で『ターミネーター3』のエグゼクティブ・プロデューサーを務めたモリッツ・ボーマンとチームを組み、元カロルコのパートナー、アンディ・ヴァーニャとマリオ・カサールから『ターミネーター』シリーズの権利を買い取り、“Terminator Salvation: The Future Begins”をプロデュースすることになった(バラエティ・ジャパン10月10日付)...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。