考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071205-00000961-reu-bus_all
 [ニューヨーク 4日 ロイター] JPモルガン証券が発表した週間調査によると、信用収縮の世界経済への影響が懸念され米債市場で指標債利回りが3年強ぶりの水準に低下した後、投資家の米国債に対する見通しはまちまちとなっている。
 3日に実施された調査によると、米債のポジションについて「ショート」と回答した投資家の割合は26%で、前週の22%から上昇した。

お買い物は楽天で^^




3月26日以来の高水準。半面、「ロング」と回答した割合も18%で14%から上昇した。
 「ニュートラル」は56%で64%から低下した。ネットショートの割合は8%で、前週と変わらず。
 マーケットメーカーやヘッジファンドなど積極的な投資家の動向は「ロング」は4%で前週と変わらず。「ショート」は5%で4%から上昇。「ニュートラル」は6%で7%から低下した。




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。