考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WSJ-バークシャー、旧TXUの高利回り債を購入



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071204-00000022-dwj-biz
ニューヨーク(ウォール・ストリート・ジャーナル)米投資会社バークシャー・ハザウェイ(NYSE:BRK.A)は、米エナジー・フューチャー・ホールディングス(かつての米電気・ガス大手TXU)が発行した高利回り債(ジャンク債)を21億ドルで購入した。エナジー・フューチャーはこの資金を借入金の一部の返済に充てる。著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いるバークシャーは、この債券投資で極めて高い利回りを得る。同氏は「今回の債券投資が、投資不適格債市場への投資を支持することを意味するわけではない」と強調している。「これは独特。

お買い物は楽天で^^




バークシャーはほかのジャンク債は購入していないし、当面その予定もない」と付け加えた。今回の取引は先週合意したもので、経済誌「フォーチュン」のウェブサイトで3日に報じられた。スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)によると、極めて低い価格で取引されるジャンク債の発行件数は11月、5年ぶりの高水準に増加した。だがジャンク債を専門とする投資家の多くは、債券価格がさらに下落するのを待っている。特に、TXUなどのレバレッジド・バイアウト(LBO、買収先企業の資産を担保とした借り入れによる買収)に関連した銀行融資が延期された案件が60件以上あることが背景にある。米投資会社コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)は今年、450億ドルでのTXUのLBOを主導した。資金は主にウォール街の銀行各行からの短期のつなぎ融資(ブリッジローン)で調達した...

ニュースの続きを読む




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。