考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071204-00000779-reu-bus_all
 [シアトル 3日 ロイター] 米サンフランシスコ地区連銀のイエレン総裁は3日、来週開催される12月の連邦公開市場委員会(FOMC)でどのような金融政策が決定されるべきかについては先入観を持っていないとしながら、米経済見通しには明確な下振れリスクがあるとの考えを示した。
 当地での講演後、記者団に語った。

お買い物は楽天で^^





 総裁は「決定はわたし自身の中でさえオープンだ」と述べた。
 また、金融市場のひっ迫を緩和するため、政策金利であるフェデラルファンド(FF)金利と連銀窓口貸し出し金利(公定歩合適用)の一段の金利差縮小も含め、連邦準備理事会(FRB)が使うことのできる措置を検討する考えを示した。
 イエレン総裁は今年、FOMCでの投票権を有していない。
 FRBは9月中旬以降、FF金利の誘導目標を合計75ベーシスポイント引き下げているが、市場では来週の追加利下げが幅広く予想されている。




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。