考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
情報BOX:米FRB高官の最近の主な発言



 [シカゴ 30日 ロイター] 米連邦準備理事会(FRB)高官の最近の主な発言は以下の通り。
 *は2007年の連邦公開市場委員会(FOMC)で投票権を有するメンバー。
 ◎*プール・セントルイス地区連銀総裁(11月30日)
 「特定セクターでの損失拡大を回避する要望や手段をFRBが持っているわけではない。しかし、金融市場の混乱が大きな問題に発展し、経済全体に影響するのを座視すべきではない」
 「中央銀行が長期的な物価安定を犠牲にすることがなければ、中銀は景気後退リスクの高まりを示唆する新たな情報に対応できるし、対応すべきだ」
 ◎プロッサー・フィラデルフィア地区連銀総裁(11月30日)
 「明らかに多くの混乱とボラティリティが存在し、それらが将来いかなる形で収束し、どのような影響をもらたすかについて不透明感は非常に根強い。

お買い物は楽天で^^




だが同時に、経済全般への影響は依然として限定的だ」
 ◎*バーナンキFRB議長(11月29日)
 「金融市場での混乱の再燃により、過去1カ月間で見通しは重大な影響を受けた。金融市場は9月と10月に改善したが、部分的に悪化している。FRBとしては引き続き、非常に警戒し柔軟に対応する必要がある。家計の所得と支出は引き続き拡大すると予想しているが、ガソリン価格の上昇、住宅市場の低迷、クレジット環境のひっ迫、株価下落が、今後の消費支出にとってやや逆風となりそうだ」
 「金融政策の有効性は、インフレが十分抑制されることに対する人々の信頼感を維持できるかどうかにかかっている...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。