考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新情報:クレジット危機、少なくとも今後1年続くとの見方=調査



 [ロンドン 29日 ロイター] 国際コンサルティング会社グラント・ソーントンが発表した調査によると、動きの激しいスプレッドや流動性を背景に、クレジット市場の混乱が少なくともあと1年は継続するとの見方が大勢となっている。
 調査は、英・欧州の銀行やローン担保証券仲介、ヘッジファンド、プライベートエクイティの幹部を含む110人を対象に実施された。
 それによると、回答者の半数が少なくとも今後1年は、信用危機の長引く影響から市場が打撃を受けるとの見通しを示した。

お買い物は楽天で^^




さらに約25%が、混乱が今後1年半もしくはそれ以上長引く可能性があると回答した。
 また、今後1年で、多くのプライベートエクイティの再編が進むと予想されていることも明らかになった。
 同社のプライベートエクイティ主任、ディビッド・アスコット氏は声明で「企業収益の伸びと、ポートフォリオ企業がレバレッジ活用に依存するのではなく、最大の潜在能力で稼働していることを確認することが焦点となる」と述べた。

(引用 yahooニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。