考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071128-00000758-reu-bus_all
 [ニューヨーク 27日 ロイター] JPモルガン証券が発表した週間調査によると、投資家の米国債に対する弱気な見方が高まっている。米債券市場は前日、3年半ぶりの大幅な上昇を記録した。
 26日実施された調査によると、米債のポジションについて「ショート」と回答した投資家の割合は22%と、前週の14%から上昇した。

お買い物は楽天で^^




4月16日以来の高水準。
 「ロング」と回答した割合は14%と、前週の22%から低下。
 「ニュートラル」と回答した割合は変わらずの64%。
 一部の投資家は、債券市場での前日の大幅高や最近の上昇を受け、債券が買われ過ぎの水準に至っている可能性があるとみている。
 ネットショートの割合は8%と、前週のマイナス8%から上昇した。4月23日以来の高水準。
 マーケットメーカーやヘッジファンドなど積極的な投資家の動向は「ロング」が4%と前週の6%から低下。
 「ショート」は4%で2%から上昇、「ニュートラル」は7%で前週と変わらず。 




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。