考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WSJ-米合同委員会、高コスト地域のブロードバンド普及に向け勧告



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071126-00000018-dwj-biz
ワシントン(ウォール・ストリート・ジャーナル)ユニバーサルサービスに関する連邦州合同委員会は、電話サービス助成のための「ユニバーサルサービス・ファンド」の資金70億ドルを、高コスト地域である農村部や貧困地域向けのブロードバンド・インターネット・サービスの普及促進に活用すべきだと勧告した。「ユニバーサルサービス・ファンド」はすべての電話サービス事業者から徴収されプールされている資金で、合同委員会がこの資金を監督している。同委員会はこの資金を3部分に分けるべきだとしている。第1は高速インターネット・サービス・インフラ建設の助成のための資金、第2は携帯電話サービスの助成用資金、第3は従来型地上回線電話会社にとっての最後の手段としての資金だ。

お買い物は楽天で^^




これらの勧告は現在、米連邦通信委員会(FCC)に送られている。実施するかどうかには1年の余裕がある。合同委員会はこの変更を全会一致で決定したが、懸念を表明する委員もいた。合同委員会はケビン・マーチンFCC委員長のほか、他のFCC委員二人、州公益事業規制担当者、消費者擁護者で構成されている。FCC委員で民主党員のマイケル・コップス氏は、この提案の一般的な方向性は支持するものの、ブロードバンド・ネットワーク用の資金が十分には確保されていないという。同氏は「これではまるでハエたたきで熊と戦うようなもの。米国のすみずみにブローhバンドを行き渡らせることは、現在米国が抱えているインフラ問題の中心的課題だ」と述べた...

ニュースの続きを読む




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。