考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WSJ-ジャガーとランドローバーの労組、タタの買収案を支持



ムンバイ(ダウ・ジョーンズ)米フォード・モーター(NYSE:F)の「ジャガー」と「ランドローバー」部門の労働組合代表者らは、フォードが両部門の売却を決定した場合、インドの自動車大手タタ・モーターズ(NYSE:TTM)(500570.BY)による買収案を支持する方針を明らかにした。

21日にランドローバーのイングランド・ソーリハルの工場で開かれた会合では、フォードが以前示した通り両部門の売却を実行する場合はタタの買収案を支持する、との決議案を両部門の従業員を代表する約60人が採択した。

こうした労組代表者の動きはフォードに対して法的拘束力は持たないものの、タタが両ブランドの買収を追求する上で政治的にささやかな追い風となる可能性もある。

お買い物は楽天で^^




英国の労組の政治的影響力はかつてほど強くないものの、製造業の雇用喪失を食い止めようと努める与党・労働党とともに引き続き影響力を持つ。ジャガーとランドローバーが英国で直接雇用する従業員は約1万6000人。当地の労組代表者らは、両ブランドの売却が雇用喪失と工場閉鎖をもたらさないよう要求している。

労組代表者による投票の前日である20日には、英国最大の製造業労組「ユナイト」の幹部と入札参加企業であるタタ、インドの同業マヒンドラ&マヒンドラ(M&M)(500520.BY)、JPモルガン・チェース(NYSE:JPM)傘下の投資ファンド、ワン・エクイティ・パートナーズの3社の代表者がロンドンで会合を開いた。

労組は表向きには引き続きジャガーとランドローバーの売却に反対している...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。