考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新ニュース:DJ-【米国債市場概況】株価上が信用懸念抑え、米国債価格は横ばい



ニューヨーク(ダウ・ジョーンズ)16日の米国債市場では、株式市場が取り引き終了にかけて上昇したことから、米国債価格はほぼ横ばいで取り引きを終えた。信用収縮に対する懸念から、前日には大幅急伸していた。投資家は金融システムの安全性を懸念し、連邦準備制度理事会(FRB)が追加利下げに傾いていないとする発言を材料視しなかったため、2年債の利回りは3.27%、10年債利回りは4.13%までそれぞれ低下した。その後、株価が上昇すると、全体にやや売られた。市場の関心は信用懸念に集まっており、FRB関係者は追加利下げに向かわないかもしれないと示唆しているが、さらなる利下げを引き続き期待している。FRBは9月以降、合計0.75%利下げし、現在フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を4.50%としている。

お買い物は楽天で^^




投資家の間では、12月に追加利下げがあるとみられている。一方、FRBが16日に発表した10月の鉱工業生産指数は前月比0.5%低下した。市場では0.1%上昇が予想されていた。設備稼働率は81.7%で、9月の82.2%から低下した。これによりFRBが懸念してきた資源配分への圧力が若干緩和された。また、財務省がこの日発表した9月の国際資本動向統計では、外国人投資家が依然として米国債投資を志向していることが示された。外国人投資家は、米国債を9月は263億ドル買い越した。8月は28億ドルの売り越しだった。投資家はまた、前日にファニーメイ(連邦抵当金庫)の株価が10%下落したことを受け、住宅市場全般に対する懸念、および同機関が今後どのようにクレジット損失を計上するかを注視している...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。