考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 [ケープタウン(南アフリカ) 16日 ロイター] ポールソン米財務長官は16日、米政府は強いドルを支持すると述べるとともに、通貨の価値は、当然のことながら市場で決定されるべきだと指摘し、米経済の強さがドルの価値を支えるとの認識を示した。
 20カ国財務相・中央銀行総裁会議(G20)を控え、長官は記者団に対し「言うまでもないことだが」と前置きした後、強いドルを支持するとの立場を繰り返した。

お買い物は楽天で^^





 「長期間一貫して強いドルを支持してきたと考えている」とし、為替市場で反映された(強いドル相場)と述べてきたと指摘した。
 米国は為替市場への介入に賛成かとの質問に対しては、明確に拒否する姿勢を示し「強いドルという点で非常に一貫してきたと思うといえる」と話した。
 長官はG20では政府系ファンド(ソブリン・ウェルス・ファンド)について議論される見込みとし、ファンドへの「最良の慣行」規範の策定を支持するが、投資への規制は最小限にするのが好ましいとの見方を示した。

(引用 yahooニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。