考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071114-00000000-hsk_yg-l35
 山口・中市商店街にある老舗百貨店ちまきや(山口市中市)は11月14日、百貨店事業を井筒屋(北九州市)に引き継ぎ、2008年10月1日から「山口井筒屋」として営業開始すると発表した。

 井筒屋の関連会社である宇部井筒屋(宇部市常盤町)を「山口井筒屋」に社名変更し、「山口井筒屋」がちまきやから店舗を貸借して、百貨店事業を行うことになる。宇部井筒屋は「山口井筒屋」の宇部支店という位置づけになり、本店はちまきやの現店舗へと変更される。従業員はすべて来年8月末をもって解雇され、「山口井筒屋」で働く場合は新規採用扱いになるという。

お買い物は楽天で^^






 ちまきやは、今年9月10日に井筒屋と営業面で提携すると発表したばかり。その後、品ぞろえや販売サービスを強化する目的で井筒屋から社員3人が派遣されていたが、地方の百貨店が生き残るためには、MD(マーチャンダイジング)面でのさらなる充実を図っていく必要があるということから今回の契約締結に至った。

 ちまきやは安政2年(1855年)に八木呉服店として創業した老舗百貨店。山口市中心商店街の拠点施設として地域経済を支えてきた。1998年に大規模増床を行ったが、その後の個人消費の低迷により経営不振となり、2003年には整理回収機構の企業再編ファンドを活用し、メーンバンクの山口銀行が支援を行い、経営再建を続けていた。

 昨今、全国の地方都市は郊外への大型店の出店により、中心商店街の9割がシャッター通りと言われるように非常に厳しい状態にあるという...

ニュースの続きを読む




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。