考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新情報・・・【韓国】ハイニックス、台湾で66ナノDRAM生産



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071113-00000011-nna-int
 ハイニックス半導体は12日、台湾で66ナノメートル(ナノは10億分の1)工程を適用したDRAM製品の生産を開始する計画を明らかにした。提携先の茂徳科技(プロモス・テクノロジー)によるファウンドリー(受託製造)を予定している。ハイニックスの今回の計画については、海外への基幹技術流出を防止するための法律に抵触する恐れがあり、波紋を呼んでいる。
 
 

 ハイニックスは2003年に茂徳科技と提携を開始。現在、80ナノ級DRAM技術を提供してのファンドリーを行っている。価格競争力をさらに高めるため、80ナノ級に比べて大幅なコスト削減と生産効率アップを図れる60ナノ級への転換を図っている。

お買い物は楽天で^^





 
 ただ同プランについては、海外への先端基幹技術の流出を防ぐために今年8月に施行された「産業技術流出防止法」に抵触し、ストップがかかる可能性も指摘されている。
 
 同法は80ナノ以下の工程を適用した製品を海外で生産する場合、政府の承認がいると規定している。産業資源部は「80ナノ以下の工程は絶対禁止というわけではなく、申請されたものを個別に審査する。ハイニックスは12月に茂徳科技と契約を結ぶと聞いているが、禁止するかどうかは契約内容を見てから」と話している。
 
 これに対し、ハイニックス側は「66ナノ商用製品を台湾で生産するには、産業資源部に申請さえすればいい」と話している。同社の関係者は、「(同流出防止法は)国家資本を導入して、開発された基幹技術の海外移転について政府の承認がいる」と解釈しており、同社が独自開発した66ナノ技術はこれに該当しないとしている...

ニュースの続きを読む




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。