考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
再送:オートバックスがCB発行へ、地裁は英株主の申立て却下



  [東京 12日 ロイター] 東京地裁は12日、オートバックスセブン<9832.OS>の転換社債型新株予約権付社債(CB)の発行をめぐり、発行に反対し差止めの仮処分を申請していた英投資顧問シルチェスター・インターナショナル・インベスターズ(ロンドン)の主張を却下する決定を行った。これによりオートバックスは同日、予定通り2本のCB総額650億円を発行する。
 オートバックスは、2本のCBを第三者割当方式で、バージン諸島籍のファンド2社に対して発行し、企業合併買収(M&A)のための資金を調達すると10月26日に取締役会で決議していた。
 これに対し、同社の約4.6%を保有する英シルチェスターが反対し、11月6日付でCBの発行を差し止めるための仮処分を東京地裁に申請していた。

お買い物は楽天で^^





 シルチェスターは、発行の条件が割当先のファンドに有利な「有利発行」にあたるほか、発行済み株式総数の3分の1超の株式を特定の投資家が保有するには、取締役会決議を経た第三者割当の形式ではなく、株主総会で既存株主の承認を得るべきなどと主張していた。
 シルチェスターはた、現経営陣が支配権を維持するために実施する「不当目的」の第三者割当増資とも主張していた。
 オートバックスによると、地裁は「有利発行」か否かの決定について、社債のクーポンの水準について触れ、オートバックスと同格付け程度の発行体の社債と比べても今回のCBのクーポンが高いとは認められなかったと説明した...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。