考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
情報BOX:米FRB高官の最近の主な発言



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071106-00000332-reu-bus_all
 [シカゴ 5日 ロイター] 米連邦準備理事会(FRB)高官の最近の主な発言は以下の通り。
 *は2007年の連邦公開市場委員会(FOMC)で投票権を有するメンバー。
 ◎*クロズナー理事(11月5日)
 「サブプライムローンの借り手の状況は改善する前に悪化する可能性がある。住宅価格は当面、低迷し続けるだろう」
 ◎*ミシュキン理事(10月26日)
 「マクロ経済的リスクの低減を追求するなかで、仮に、行き過ぎて政策を過剰に緩和した場合、当局者はインフレ圧力が脅威となる前に迅速に緩和の少なくとも一部を修正することに前向きであるべきだ」
 ◎10月30─31日のFOMC声明文
「FOMCは31日、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を25ベーシスポイント引き下げ、4.50%とすることを決定した。

お買い物は楽天で^^





 第3・四半期の経済成長は底堅く(solid)、金融市場の緊張はおおむね若干緩和した(have eased somewhat on balance)。しかし景気拡大のペースは、住宅市場の調整が深まることを一部反映し、今後短期的に減速する公算が大きい(the pace of economic expansion will likely slow in the near term, partly reflecting the intensification of the housing correction)。きょうの措置は、9月に取られた政策措置と合わせて、金融市場の混乱から発生し得る経済全般への一部悪影響を未然に防ぐことを支援し、時間とともに緩やかな成長を促進する見通しだ(Today's action, combined with the policy action taken in September, should help forestall some of the adverse effects on the broader economy that might otherwise arise from the disruptions in financial markets and promote moderate growth over time)...

ニュースの続きを読む




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。