考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新ニュース:英セインズベリーがタイト化、カタール政府系ファンドが買収案撤回=欧州CDS市場



 [ロンドン 5日 ロイター] 5日朝方の欧州クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場では、英スーパー大手のセインズベリー<SBRY.L>がタイト化。カタールの政府系投資ファンド、デルタ・ツーが、セインズベリー<SBRY.L>に提示していた買収案を撤回したことが材料。

お買い物は楽天で^^





 ドイツ銀行によると、セインズベリーの期間5年のCDSは0742GMT(日本時間午後4時42分)までに70ベーシスポイント(bp)と、前週末から175bp縮小している。
 指数算出会社マークイットによると、iTraxx欧州指数(欧州の投資適格級企業のCDSで構成) は、11.5bp上昇して356bp。

(引用 yahooニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。