考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 [東京 5日 ロイター] きょうの外為市場はドルの上値が重くなる見通しだ。前週末に発表された10月米雇用統計は市場予想を上回ったが、米国で信用収縮不安が強まっていることからドル売りが優勢になるとみられている。日本の政治混迷については不透明要素が多いため中立要因とみられている。
 前週末2日の海外市場では、ドルがユーロなどの主要通貨に対し最安値をつけた。10月米雇用統計は強い内容となったものの、表面化していない金融機関の損失などへの懸念が根強く、ドルの上値が圧迫された。
 メリルリンチ<MER.N>がリスクの高いモーゲージ担保証券のエクスポージャーを少なくするため、ヘッジファンドとの間で、損失の算出日を遅らせることを狙った取引を行ったと一部で伝えられるなど、サブプライムローン(信用度の低い借り手向け住宅融資)問題による信用収縮不安が強まっている。

お買い物は楽天で^^





 市場では「12月の米利下げ期待は7割程度と引き続き強い。きょうは5・10日(でドルが上昇しやすい日)だが、信用収縮不安が強まっているため積極的にドルは買いにくい」(信託銀)との声が出ている。
 市場では、引き続き「米国の金融セクターを中心とした株価動向が焦点」(外銀)。米国で発表される10月米ISM非製造業景気指数などの経済指標が、再びドル売りの材料となる可能性があるという。
 一方、日本の政治混迷については、不透明要素が多すぎるとして中立要因との見方が出ていた...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。