考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新情報:DJ-【米国債市場概況】クレジット懸念高まり、雇用統計材料視されず



ニューヨーク(ダウ・ジョーンズ)2日の米国債市場では、好調な雇用統計が発表されると売り相場になったが、その後まもなく、米国債価格は力強く上昇し、10年債利回りは2年ぶりの低水準をつけた。景気減速を疑う見方が大きく台頭せず、金融部門で再浮上した懸念が材料視されるなか、米国債価格は全体的に上昇した。10年債利回りは、2005年9月以降の低水準4.28%に低下した。短期債利回りはさらに大きく低下し、2年債と10年債の利回り格差は、前日の58bpから65bpに拡大した。最近発表された一部の経済指標は、米国債市場にとって支援材料とはならなかったが、この日は驚くような水準となった。米労働省が発表した10月の雇用統計によると、非農業部門の就労者数は16万6,000人増加し、5カ月ぶりの高水準に達した。

お買い物は楽天で^^




エコノミストは、80,000人増を予想していた。9月分は、11万人増から9万6,000人増にやや下方修正された。住宅市場が弱含んでいるにもかかわらず、米経済は引き続き堅調に推移していることが示されるなか、雇用統計発表後の米国債市場は一時的に弱含みとなった。その後は、投資家が雇用統計を材料視せず、米国内外の一部の大手金融機関が抱える諸問題に関心が集まったため、米国債市場は反発に転じた。英国の金融機関も、米金融機関最大手の間で最近みられる評価損の悪影響に苦しんでいると、UBSの金利ストラテジスト、ウィリアム・オドネル氏は語った。また、ストラテジストによると、メリルリンチが複数のヘッジファンドと、損失計上の先送りを目的とした取引を行っていた可能性があるとの2日付のウォール・ストリート・ジャーナル紙の報道も、懸念材料になったという...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。