考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新情報:米30年住宅ローン金利が6.26%に低下



 [ワシントン 1日 ロイター] 米連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)が1日明らかにしたところによると、米住宅ローン金利(期間30年・固定)は平均6.26%となり、前週の6.33%から低下した。
 これは5月17日に終わる週(6.21%)以来、約半年ぶりの低水準。
 フレディマックのバイスプレジデント兼チーフエコノミスト、フランク・ノザフト氏は「市場では、景気減速や住宅市場の悪化に対する懸念が根強く、住宅ローン金利はここ2─3週間、低水準で推移している」と述べた。

お買い物は楽天で^^





 連邦準備理事会(FRB)は、前日の連邦公開市場委員会(FOMC)で、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標水準を0.25%ポイント引き下げ4.50%とした。住宅市場や信用収縮が景気に及ぼす影響を和らげる狙いがあるとみられる。

(引用 yahooニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。