考える投資
投資による情報をニュース形式で
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新情報・・・<米国>再利下げの可能性も 30日からFOMC開催



 【ワシントン斉藤信宏】米連邦準備制度理事会(FRB)は30、31日の2日間、連邦公開市場委員会(FOMC)を開き、当面の金融政策を決定する。市場では、低所得者向け高金利住宅ローン(サブプライムローン)の焦げ付き問題に絡む混乱が長引いていることから「再利下げに踏み切る可能性が高い」との見方が大勢だ。

 FRBは9月のFOMCで、政策金利であるフェデラル・ファンド(FF)金利の誘導目標を市場予想を上回る0.5%引き下げ、年4.75%とした。今回利下げを決めれば2カ月連続になる。

 サブプライムローン問題に伴う市場の混乱は9月の大幅利下げでひとまず収束したが、10月に入ると大手金融機関が7~9月期決算で巨額損失を相次いで計上するなど再び市場が大きく動揺した。

お買い物は楽天で^^




しかも、9月の住宅着工件数が14年半ぶりの水準に落ち込むなど、住宅市場の予想以上の冷え込みも明らかになり、米国経済の先行き不安が高まっている。

 このため、今回のFOMCではFF金利を0.25%引き下げるとの見方が強い。さらに、資金繰りが困難になっている金融機関に融資する金利である公定歩合も引き下げるとの観測も出ている。

 こうした観測を裏付けるように、クロズナーFRB理事は「サブプライムローンの焦げ付きによる住宅の差し押さえは来年半ばがピーク」と述べるなど、住宅市場の先行きへの懸念はFRB内部でも強まっている。サブプライムローンは、来年にかけて高い変動金利への移行が本格化する見通しで、FRBの判断に市場の注目が集まっている...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




投資本を探すならWebBooks





スポンサーサイト
copyright © 2005 考える投資 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。